鮮魚の事なら、神奈川県小田原市にある株式会社鮑屋「あわびや」へ

株式会社鮑屋

会社概要

冬のお魚

ホウボウ
産地 小田原
調理法 刺身
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】魚体は独特な形をしており胸ビレにはキレイな斑点模様がある。砂地を好み海底付近を這うように泳ぐ。小田原市場に水揚げされる地物は冬〜春に多く、これは産卵のため深場から浅場に移動する途中に網に入ったものと考えられる。見た目が美しいため活魚としての需要もある。身は白身。刺身はミョウガを添えるといっそう美味である。 [ →戻る ]

ヒラメ
産地 小田原
調理法 刺身・煮付け
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】魚体はカレイに似ているが、見分け方として背びれを上にして頭が左にあるものがヒラメ、右にあるものがカレイである。小田原市場には天然の地物と地方からの養殖物の2つが並んでいる。冬に上がる天然物は脂が乗り非常に美味で活魚としての需要も多い。
[ →戻る ]

ページ上部へ戻る
ブリ
産地 小田原
調理法 刺身・照り焼き
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】かつて小田原はブリの水揚げ量が多く日本全国に出荷するほどで「小田原のブリ」と呼ばれとても有名であった。しかし、今では水揚げ量は激減、その姿を見ることは稀になってしまった。近年、ブリは養殖物が主流で生産量は天然物の漁獲量をはるかに上回っている。生産地は愛媛や鹿児島など西日本が中心で品質も向上し養殖物特有の臭みも気にならず天然物と遜色ないまでになっている。  [ →戻る ]

タチウオ
産地 小田原
調理法 塩焼き
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】タチウオの名前の由来は、「その姿が刀に似ているため」という説と「立ち泳ぎをするから」という2通りの説がある。網で漁獲されたものは魚どうしが擦れるため魚体の銀箔はくすんでしまうのに対し、釣りで漁獲されたものは非常に綺麗な状態で眩しいほどの輝きを保ったまま市場に並ぶ。網と釣りでは見た目に大差はあるものの食味はさほど変わらない。
[ →戻る ]

ページ上部へ戻る
イシダイ
産地 小田原
調理法 刺身
食味 ★★★★★
水揚量
※星は5段階中のものです!

【 備考 】体長40cm位までは7本の黒い縦縞模様が入っているが成長するにつれ縞が消え魚体は銀化する。大型になると口の周りだけが黒くなることから「クチグロ」とよばれる。岩礁帯に棲息するが2月〜5月になると産卵のため移動を始めこの時に刺し網や定置網に入る。イシダイは固体数が少ない為、漁獲量は少ない。したがって、天然物は1キロ当たり数千円の高値がつく。 [ →戻る ]

オシツケ
産地 小田原
調理法 鍋物・塩焼き
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】オシツケの正式名称は「アブラボウズ」という。年間を通じ水揚げはあるが冬場になると先を競って購入するほど小田原では人気のある魚だ。鍋物や焼き物にすると美味。食べ過ぎると腹を壊すと言われるほど、とても脂の多い魚である。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
アワビ
産地 小田原
調理法 刺身
食味 ★★★★★
水揚量
※星は5段階中のものです!

【 備考 】 comming soon... [ →戻る ]

さざえ
産地 小田原
調理法 つぼ焼き・刺身
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】波の荒い外洋で育ったサザエは殻の角が長く伸び、反対に波の静かな内海で育ったサザエは角が短い。ほとんどが日本産。小型で角の無いものは「姫サザエ」と呼ばれ通常のサザエよりも市場での相場は高い。つぼ焼きや刺身のほか、酢の物にしても美味である。 [ →戻る ]

【 その他のお魚 】 ムツ類/マトウダイ/カサゴ/ヤガラ/アンコウ

ページ上部へ戻る

「 株式会社 鮑屋 」 所在地:神奈川県小田原市早川1-4-9  電話番号:0465-22-5185
当サイトに関するあらゆる著作物・知的財産は全て【 株式会社 鮑屋 】に帰属します。