鮮魚の事なら、神奈川県小田原市にある株式会社鮑屋「あわびや」へ

株式会社鮑屋

会社概要

夏のお魚

イサキ
産地 小田原
調理法 塩焼き・煮物
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】イサキは大きいものほど脂が乗り刺身はもちろん塩焼きや煮物にするととても美味。クセや臭みが無くさっぱりとしている。旬は夏で小田原では中、小型のものが多くシケ後には定置網に大量に入ることがある。小型のものは魚体の上半分に横縞模様が入っており、これがイノシシの子供に似ていることから「うりぼう」とよばれる。 [ →戻る ]

トビウオ
産地 小田原
調理法 刺身・酢の物・ムニエル
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】トビウオは大きな胸ビレを翼のように広げ海面を300メートル以上も滑空することができる。肉質は白身で脂肪分は少なく淡白でさっぱりとしている。刺身はもちろん酢の物やマリネ、ムニエルやバター焼きなど使い道は多い。価格も手頃であることから需要は多い。小田原市場には春〜夏に水揚げされる。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
スズキ
産地 小田原
調理法 塩焼き
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】スズキにはヒラスズキとマルスズキの2種類がある。小田原市場はマルスズキがメイン。鮮度の落ちが早く身が焼けてしまうため水揚げ後すぐに血抜きをし、活き〆にした姿で並んでいる。スズキは出世魚で「セイゴ」「フッコ」「スズキ」と成長とともに呼び名が変わる。養殖物もあり、需要の多い魚だ。 [ →戻る ]

シラス
産地 小田原
調理法 刺身・釜揚げ・ちりめん
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】シラスは「カタクチイワシ」(セグロイワシ)の稚魚で相模湾では大磯から茅ヶ崎かけて漁獲される。生シラスは小田原市場にも入荷があり人気の高い商品である。獲れたての生シラスはきわめて美味。また、白く茹で上げたものを「釜揚げシラス」と言い、さらにこれを干して乾燥させたものがシラス干しで「ちりめんじゃこ」として用いられている。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
イボダイ
産地 小田原
調理法 から揚げ・塩焼き・刺身
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】イボダイは最大で30cmほどに成長するが小田原に水揚げされるイボダイは15〜20cmほどのものが多く、夏〜秋に漁獲される。イボダイの体は粘液が強いため煮物には不向き。から揚げや焼物が一般的であるが、鮮度の良いものは刺身でいただける。
[ →戻る ]

シイラ
産地 小田原
調理法 刺身・照り焼き・塩焼き
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】全長1m以上になり小田原では海水温が高くなる夏場に水揚げされる。上の写真はメスのシイラで、オスは頭部の前方が張り出している。白身の魚で鮮度の良い物は刺身にすると美味。バター焼きや照り焼き、塩焼きなどもお勧めで臭みも無く淡白。一昔前までは外道扱いされていたが、最近ではそれも見直され好んで買う人も増えている。釣りの対象魚としても人気があり小田原では馴染みの深い魚である。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
キンメダイ
産地 下田
調理法 煮付け・鍋物・刺身
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】水揚げ量は静岡県の下田港が日本一で、小田原市場にも毎日入荷がある。12月〜3月にかけて脂が乗り、この時期が旬となる。煮付けや鍋物はとても美味で、そのほかには刺身やしゃぶしゃぶ、ムニエルなどで美味しくいただける。また、「高級干物」として加工販売もされている。マダイ同様、色や形が美しく味も良いため祝い膳や宴席に使われることも多い。年間の通し需要の多い魚である。 [ →戻る ]

【 その他のお魚 】 ムツ/キス/メイタカレイ

ページ上部へ戻る

「 株式会社 鮑屋 」 所在地:神奈川県小田原市早川1-4-9  電話番号:0465-22-5185
当サイトに関するあらゆる著作物・知的財産は全て【 株式会社 鮑屋 】に帰属します。