鮮魚の事なら、神奈川県小田原市にある株式会社鮑屋「あわびや」へ

株式会社鮑屋

会社概要

春のお魚

アジ
産地 湘南〜伊豆
調理法 刺身・塩焼き・干物
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】小田原市の魚として「メダカ」と共に親しまれているのが「アジ」である。アジを売り物にしている漁港は全国的に多いが、小田原のアジは本来回遊性であるはずのアジが、伊豆から大磯にかけて続く餌の豊富な岩礁地帯に居着いて暮らしている為、良く太っており脂身が豊富で、結果的に旨味が多い。それらのアジは、「根付きのアジ」と称され、黄金に輝く魚体は「キアジ」と呼ばれる。近年少なくなっているそれらのアジは、超美味かつ超貴重な存在として人気が高いのである。 [ →戻る ]

カツオ
産地 小田原
調理法 刺身・タタキ
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】カツオにはソーダガツオやスマガツオ、ハガツオなどたくさんの種類があるが、一般にカツオと呼ばれているのは上の写真のように体にシマ模様の入った「本カツオ」のこと。カツオ全般にいえることは身が柔らかく鮮度の落ちが早いことである。また、食味に関しては皮が美味であると言われ、身と皮を炙った「かつおのたたき」が一番美味である。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
サワラ
産地 小田原
調理法 刺身・天ぷら・味噌煮・竜田揚げ・フライ・塩焼き
食味 ★★★★★
水揚量
※星は5段階中のものです!

【 備考 】鰆(サワラ)は字のごとく春を告げる魚で、旬は冬〜春。50センチ以下のものは「サゴシ」と呼ばれる。サワラは漁獲量が少ない為、輸入もされている。身は白身で淡白。鮮度の良いものは刺身にも向く。天ぷら、味噌煮、竜田揚げ、フライ、塩焼きなど幅広く使え、くせも無い。 [ →戻る ]

イワシ類
産地 小田原
調理法 刺身
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】鰯(イワシ)は水揚げ後にすぐに死んでしまう弱い魚であることからこのような漢字になったといわれている。一般にイワシと呼ばれているものにはマイワシやウルメイワシ、カタクチイワシなどがある。上の写真はマイワシで魚体に黒点があるのが特徴。いずれも鮮度の良いものは刺身でも美味しく、寿司ネタにも使われる。また、乾燥させたものは保存性が高く利用価値の高い魚である。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
イカ類
産地 小田原
調理法 刺身
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】小田原市場に水揚げされるイカは主にアオリイカとスルメイカでいずれも冬に多い。アオリイカはイカ類の中で最も美味であるが漁獲量が少ないため競りでは高値がつく。スルメイカはアオリイカに比べ漁獲量が高いため価格も手頃。身がしっかりとして甘みが多いアオリイカに対し、スルメイカの身は柔らかい。 [ →戻る ]

マダイ
産地 小田原
調理法 刺身・塩焼き・鯛めし・アラ汁
食味 ★★★★★
水揚量 ★★★★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】マダイは相模湾にも棲息し小田原市場にも地物が水揚げされる。西日本では養殖が盛んで日本全国に出荷され小田原市場にも毎日入荷があり天然物に比べ価格も安定している。マダイは捨てるところがなく頭はかぶと煮にするとエラや目玉の周りは上身よりも美味なほどである。刺身、塩焼き、鯛めし、アラ汁などいろいろな調理方法があり利用価値の高い魚である。容姿が美しく味も良いため祝いの席には欠かせない。 [ →戻る ]

ページ上部へ戻る
サバ
産地 小田原
調理法 塩焼き・シメサバ
食味 ★★★★★
水揚量 ★★
※星は5段階中のものです!

【 備考 】サバと呼ばれるものには「ゴマサバ」と「マサバ」の2種類がある。見分け方は魚体の下半分に黒点があるものがゴマサバで黒点の無いものがマサバである。マサバの方が脂の乗りが良いため相場は高い。ちなみに「関サバ」はマサバである。両種とも短時間で鮮度低下がおこるため生食には注意が必要。年々漁獲量が減少しているため相場も上昇傾向にある。[ →戻る ]

【 その他のお魚 】 ハナダイ/ヒラマサ

ページ上部へ戻る

「 株式会社 鮑屋 」 所在地:神奈川県小田原市早川1-4-9  電話番号:0465-22-5185
当サイトに関するあらゆる著作物・知的財産は全て【 株式会社 鮑屋 】に帰属します。